諸々レビュアーズ

レビューや雑記ブログです

伊丹空港の管制官が誤って着陸許可をだす

2024年2月23日

伊丹空港管制官が、誤って着陸許可をだす事態が発生しました

 

伊丹空港管制官は2024年2月19日午後8時頃に、離陸予定で滑走路上で待機中だった仙台空港行きの日本航空2215便に対して離陸許可を出す前に、伊丹空港に向かっていた那覇空港発の日本航空2088便に対し、離陸許可待ちの航空機が待機している滑走路への着陸許可を出しました。

 

管制官が御指示を出した直後に、この指示を聞いていた2215便のパイロットが「滑走路上にいる」と管制官に伝えたことで、管制官は2088便への着陸許可を取り消しました。

 

2215便パイロットの確認が無ければ、2024年1月に東京都羽田空港で発生した日本航空機と海保機の重大事故と同様の結果になった可能性もあります。

 

日本航空2215便には、乗客76人と乗員4人が搭乗しており、日本航空2088便は、乗客378人と乗員12人が搭乗していました。

 

伊丹空港管制官が誤指示が出た当時には、2088便は空港から10㎞以上離れていたということです。

 

 

伊丹空港管制官コメント

「2215便から指摘を受ける前に誤指示に気づき、訂正しようとした。」

国交省の内規では、管制官は原則として着陸許可を出す前に目視で滑走路上の安全を確認するよう定めているが、今回は確認が不十分だった」

 

 

国土交通省のコメント

「航空事故につながる恐れがある重大インシデントには当たらないと判断した。」

「航空の安全に影響する恐れがあるとして、管制官に安全確認の徹底を促した。」

                                       

この国では、国家公務員による安全対策は不可能なのではないでしょうか

 

管制官の試験制度は残すとしても、管制官を民間の待遇とすることでしか、抜本的な対策にはならないのでしょう

 

 

国交省の内規では、管制官は原則として着陸許可を出す前に目視で滑走路上の安全を確認することになっています

今回の事案で、それをやっていないということが明らかになったのでしょう

 

 

自民党の小泉進次郎議員が政治資金パーティー開催

2024年2月20日

自由民主党所属で元環境相小泉進次郎議員が、1時間で600万円の利益が出る政治資金パーティーを開催

 

衆院予算委員会では自民党による「政治とカネ」の問題が厳しく追及されている2024年2月6日に、東京都港区にあるホテルで「小泉進次郎セミナー」が開催されました。

 

小泉進次郎セミナー」の案内状兼入場券には、「この催物は政治資金規正法第8条の2に規定する政治資金パーティーです」と記載されており、会費は2万円でした。

 

会場となったホテルのホールでのスクール形式の会合は定員400人で、1人会費2万円で満席だったことから、800万円の収入があったと推計できます。

会場の料金は3時間で175万円なので、単純計算で600万円以上の利益が出たと考えられます。

 

長テーブルと椅子がスクール形式で並べられた会場は、東京でも大雪が降った翌日にもかかわらず、ぎっしり満席になっていたということです。

 

 

自由民主党所属小泉進次郎議員コメント

「派閥のパーティーは禁止する。人事とカネがついて回るのが派閥だったら、派閥はなくす。今回はこの結論以外にはない」

 

 

NET上でのコメント

「小泉の野郎・・・」

「セクシー小泉は現ナマも大好きなんだろうな」

「デタラメ小泉のジュニアもアレだったな」

「言語能力がポエムなのに、どういったセミナーをやってるんだろうな」

「時給600万なら、街頭で子供相手に募金集める必要ないだろ」

「マックのレジ袋有料になったらポテトの油はどうしてくれるんだ」

「税金泥棒の壺党を許すな」

「金に群がる情けないハエだ!税金は払えよ!」

「縁故などの一切関係のない会社で最低10年は庶民と同様に忖度なしで、給料もみんなと同じ査定で一般社会で働いてからでないと政治家になれない様にして欲しい」

政治屋稼業4世にもなると、日常会話もままならないレベルなのだろう」

「顔の表情からは知性が感じ取れないよね」

「経済界から600万円の『お・も・て・な・し』かよ」

「コイツは、質問されても同じ質問を『あなたはどう思いますか?』と聞き返して逃げるらしいぞ」

                                       

与党議員からは危機感が感じ取れません

 

投票しないのは、与党に投票するのと同じ結果

支持していない泡沫候補でも、非自民公明に投票するより他はありません